バイク用品教えます

工事系に関する情報なら当サイトにお任せ!

車に使用するバッテリーの性能はどのように選ぶのがいいのか考えてみましょう。

 

もちろん価格の高いバッテリーの方が性能が良いということから、高いモノの方がいいというのは間違いではありません。
しかし毎日ある程度の距離を走っている車は、安いバッテリーでも十分だということです。
それとは逆に、週末に少しだけ乗る車には、高性能のバッテリーを積んだ方が良いと思います。

 

これは週末のチョイ乗りだけとか、朝晩、駅までの送り迎えだけですと、十分にバッテリーに充電がされないからという理由です。
その結果高性能な物が求められるというわけです。

 

逆に毎日そこそこ走っている車は、十分に充電されることとなるのでバッテリーの価格が安くても問題ありません。


レンチを英語では、「ねじる」「ひねる」というふうな意味をあらわしますが、
日本ではボルトなどを締めたり、緩めたりする工具として使用されています。
このレンチ、イギリスではスパナとも呼ばれたりしていますが、通常日本でいうスパナは、先端が開いたレンチのこと指します。
オープンエンドレンチという名前で呼ばれることもあります。

 

名前は知らないけど、見た事があるという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
よく自動車整備の看板などに、このスパナの絵を使ってあったりします。自動車整備にはなくてはならない工具です。
工事中の現場などでも使用されています。
このスパナの絵をぱっと見た瞬間、自動車整備や電線の修理など思い浮かびませんか。
スパナって、意外と私たちに身近な工具である事がわかります。

 

ボルトの大きさも実に様々ですが、スパナはボルトに使用するわけですから、それに合うスパナの大きさも、それだけ沢山あるというわけです。
そもそもスパナがボルトに合わなければ、スパナの意味がなくなってしまいますからね。

 

プライヤーの役目は「掴む」、ニッパーの役目は「切断」、スパナの役目はボルトを「締める緩める」、
このように、どれも自動車整備には、必ず必要な工具ばかりです。
しかしくれぐれも注意しながら使用しなければ、ボルトなどの破損の原因にもなるかもしれません。





森塾チェック
森塾
URL:http://k-yobi.blog.so-net.ne.jp/2011-06-02



バイク用品教えますブログ:15-4-20
1週間位前、久しぶりにお墓参りに行ってきました。
結婚してからずっと遠のいていた、生家のお墓参りです。

わたしが結婚をしたのは1994年ですので、
それ以降に法事などでちらっと訪れたことはありましたが、
お墓参りを目的にして行くのは、本当に久しぶりでした。

わたしの両親は、どちらも静岡県の出身です。
お墓周辺の駅がだいぶ変わったという話も聞いていたので、
三重県に住んでいる両親に場所を再確認したところ、
祖母の米寿祝もかねて、
両親と一緒にお墓参りに行くことになったのでした。

すでに高齢の両親、
最近では電車での移動が多くなってきたそうですが、
この日は父が車を出してくれることになりました。

最寄り駅で待ち合わせ、いざ出発!
久しぶりの名古屋の市街を走り、
東名高速道路に…と思いを馳せる間もなく、
わたしは車の中で眠りこけていました。

気づくと、父の実家のある某市に到着。
早速、お墓参りです。

毎月、1日と15日には
父の生家が訪れるそうで、
わたしが行ったときにも、数日前の花が残っていました。

父の生家は商売をしていて、
祖父から伯父(父の兄)、そしてそのムスコへと受け継がれ、
現在はわたしにとっての従弟が跡を継いでいます。

お墓はずっと前に訪れたときと変わりなく、
同じ場所で同じように静かにそこにいて、
じっと見守ってくれているようでした。

わたしが訪れていない間も、わたしの知らないところで、
こうしてお墓を守ってくれていた人たちがいてくれて、
変わらない毎日を過ごせていたのだ…と深く感じ入り、
感謝の気持ちで墓前に手を合わせたのでした。

わたしたちも毎日を無事に過ごせていることに感謝をして、
お墓参りを終えました。

バイク用品教えます モバイルはこちら